UDCO

UDCO

アーバンデザインセンター大宮

埼玉県さいたま市

2017/4~
活動エリアの状況と課題

大宮駅周辺は県内随一の商業・業務機能集積地であり、重要な交通結節点である。しかし東口周辺では長らく都市更新が停滞しており、老朽化した建物等が多く残っている。官民学協働で策定した「大宮駅周辺地域戦略ビジョン」(2010)に掲げられた公共施設・交通基盤・街区更新の方針や、国土形成計画(2015)・首都圏広域地方計画(2016)に位置付けられた「対流拠点都市」という大宮の広域的な役割等、これまでのまちづくりや国土づくりの大きな方向性を、いかに具体的な都市像に描き、産官学民の連携により実現していくかが課題となっている。

設立経緯

「大宮駅周辺地域戦略ビジョン」(2010)策定後、ビジョンをどのように具体化させていくかが模索される中、地元まちづくり団体がUDCKの視察を行ったことをきっかけにUDC設置を市に要望した。その結果、暫定的に公民学が一体となって主体的にまちづくりを考えるためのコミュニティ・ステーション「まちラボおおみや」が現在のUDCOの場所に設置され、まちラボおおみやでの産官学民の連携によるまちづくりの試行期間を経て、2017年UDCOが運営を開始した。

センターの活動概要

1.学習・研究・提案
多くの主体がまちづくりに係わることができる機会を創出し、学習・研究・提案に加え人材育成を進める。

2.実証実験・事業創出
公共空間やオープンスペースの利活用を推進し、まちのストックの最大活用と、まちの魅力や価値の向上を図る。

3.デザインマネジメント
質の高い空間デザインを提案し、行政計画やまちづくりプロジェクトへの企画、提案を行う。

4.エリアマネジメント
安心・安全かつ快適な都市空間や生活環境の実現とともに、将来にわたって発展し続けるまちとなるため、地域と連携したエリアマネジメントに取り組む。

今後の活動の展望・課題

各種活動の具体化、産官学民それぞれの主体との継続的な関係構築

構成団体

「公」:さいたま市(ほかは個人)
「民」:
「学」:

組織形態

センター長・代表理事:工藤 和美(東洋大学教授)
副センター長・ディレクター・業務執行理事:藤村 龍至 (東京藝術大学准教授)/ 内田 奈芳美(埼玉大学准教授)

※その他、一般社団法人の社員であるさいたま市(代表:市長、代理人:さいたま市都市局大宮駅東口まちづくり事務所長)を加えた社員総会で運営の基本方針を決議。

実務体制

常駐スタッフ:(法人運営事務・都市建築専門職)
いずれも法人の直接雇用。

施設概要

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町 みやちょう 1-60 大宮ラクーン 8 階

大宮のまちづくりのコミュニティステーション「まちラボおおみや」を活動拠点の一つとして、事務局スタッフが常駐。
・イベントスペース(最大 80 名程度)
・打合せスペース(最大 18 名程度)
・展示スペース


▲UDCO内観

お問い合わせ

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町みやちょう 1-60
大宮ラクーン8 まちラボおおみや内
TEL: 048-782-9679

UDCイニシアチブ