About

UDCとは 課題解決型=未来創造型まちづくりのための公・民・学 連携のプラットフォーム

UDCは、アーバンデザインセンター(Urban Design Center)の略称で、2006年11月の柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)創設時に構想された、課題解決型=未来創造型まちづくりのための公・民・学連携のプラットフォームです。

行政都市計画や市民まちづくりの枠組みを超え、地域に係る各主体が連携し、都市デザインの専門家が客観的立場から携わる新たな形のまちづくり組織や拠点として、2018年8月現在までに、全国19拠点に展開しています。それぞれのUDCで課題やプレイヤー構成は異なりますが、従来の行政主導型・住民主導型・企業主導型といった枠組みを超え、各拠点では「新たなまちづくりスキーム」が模索・構築されています。

UDCの目指す公・民・学連携のスキーム

UDCは、地域社会に必要な公的サービスを担う「公共」、市民活動や経済活動を通じて地域の魅力と活力の向上を担う「民間」、専門知識や技術を基に先進的な活動を担う「大学」が日常的・多面的に連携し、まちの未来を描き実践していくエンジンとなります。

 

UDCアジェンダ(UDCが共有する基本理念)

2012年のUDC会議で採択した8か条のUDCアジェンダは、各地のUDCが共有する基本理念です。当理念への賛同は、ネットワークへの加盟要件ともなっています。

  • 1.公・民・学連携の拠点となる
  • 2.明確な目標と戦略を打立て実行する
  • 3.常に具体のフィールドで活動する
  • 4.都市空間のデザインを担う専門家が主導する
  • 5.新しいアイデアに挑戦し続ける
  • 6.一人一人が活動をエンジョイする
  • 7.最新の情報を広く公開し、共有する
  • 8.UDCネットワークを全国へ、そして世界へ

 

UDCイニシアチブ  UDCの普及とノウハウ共有を目指して

一般社団法人UDCイニシアチブは、このUDCの考え方をさらに普及し、ノウハウの共有を推進していくために『アーバンデザインセンター(UDC)ネットワーク』を構築しており、UDCを拠点とした各地のまちづくりを支援しています。

法人概要

  •  ■名称:一般社団法人UDCイニシアチブ(UDC Initiative)
  •  ■設立:2016年11月22日
  •  ■代表理事: 出口 敦
  •  ■住所:東京都中央区日本橋小網町11-9 ザ・パークレックス小網町第2ビル5F flat5内

 

UDCイニシアチブの目的

1.公・民・学連携による新しいアーバンデザイン・マネジメントの構築

様々な都市・地域において、地域資源を編集してストーリーを組み立て、業界や分野の枠を超えた取組みにより、空間・環境・場のデザインおよび都市・地域に持続的な魅力と活力をもたらすマネジメントを行う新たな「アーバンデザイン・マネジメント」を構築するとともに、その方法、組織、仕組みを一体的に創り出す「UDC(アーバンデザインセンター)方式」の確立を目指します。

2.アーバンデザイン・マネジメントの支援と普及

地方自治体、まちづくり組織、企業・事業者等の民間組織が進めるまちづくりや計画・設計業務への参画、および各都市・地域の特性に応じたアーバンデザイン・マネジメントの支援を行うと共に、実践を通じたUDCの普及を目指します。

3.人材の育成と活躍の場の拡充

公・民・学をつなぎ、アーバンデザイン・マネジメントの実務を実行できる「アーバニスト」を育成し、UDCの普及と人的ネットワークの強化を通じて、アーバニストの社会的活躍の機会の拡充を目指します。

 

UDCイニシアチブの主な活動

  • 1.地方自治体等におけるUDCの新設、および運営の支援
  • 2.アーバンデザイン・マネジメントの方法、組織、仕組みに 関わる調査、研究
  • 3.公・民・学連携による先導的プロジェクトの企画と推進
  • 4.UDCの普及に向けた情報発信、および啓発
  • 5.各UDCにおけるノウハウのストックと共有化、および連携の促進
  • 6.アーバニストの育成、および雇用機会の創出と人的交流の支援

UDCの新設/UDCネットワークへの参加

新しくアーバンデザインセンター(UDC)を設立したい、アーバンデザインセンター(UDC)ネットワークに参加したい、まちづくりについて相談したい、という方は、お気軽にご連絡ください。

※「アーバンデザインセンター」は登録商標であり、「アーバンデザインセンター」の名称・呼称の使用には、アーバンデザインセンターネットワークへの加盟申請が必要となります。詳しくはお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

UDCイニシアチブ