UDCBK

UDCBK

アーバンデザインセンターびわこ・くさつ

滋賀県草津市

2016/10~


▲対象地区の様子


▲活動の様子


▲活動の様子

活動エリアの状況と課題

1994年春に立命館大学びわこ・くさつキャンパスが開校、秋には瀬田駅と草津駅間に南草津駅が開業、2011年には新快速も停車するようになり、京都・大阪のベッドタウンとして急速に集合住宅を中心とした宅地開発が急速に進んだエリアである。また南草津エリアは高速道路のICも近く、大手企業の国内の研究開発拠点となるなど昼間人口も増えている。急速な発展に伴う交通問題や新旧住民の交流する空間がないなどの課題もありつつ、大学や企業の研究開発拠点が集積しており、知の資源や民間活力を最大限に活かした健幸都市を実現することが、まちづくりの大きなテーマとなっている。

設立経緯

庁内シンクタンクである草津未来研究所の平成24年度の調査研究により、産学公民が連携したまちづくりの先進事例としてUDCKが紹介されたことを契機に検討を重ね、平成27年度にUDC設立を検討するための懇話会を設置し、草津市版UDC設置が妥当であるとの提案を受け、平成28年10月に仮の場所に開設した。平成29年8月には新拠点に移転した。

センターの活動概要

1.交流・学習活動
誰でもが気軽に自由に集える居心地の良い居場所づくり(サードプレイス事業)

草津市の未来のまちづくりを検討する上で必要なテーマについて学習する機会を提供する未来創造セミナー

市民と専門家を媒介する媒介の専門家を育成するアーバンデザインスクール

その他市役所・大学・企業等と連携したワークショップ等の開催

2.調査研究
大学と連携した草津市の未来のまちづくりに資する調査研究

3.社会実験
草津市の未来のまちづくりのための社会実験事業

今後の活動の展望・課題

1.健幸都市を実現するための「歩いて暮らせるまちづくり」に関連する各種取り組みの強化
2.南草津駅を中心としたエリアのタウンマネジメントの枠組みの整備
3.草津市の未来を考えるためのデータセンター機能の検討

構成団体

「公」:草津市、草津市コミュニティ事業団、草津商工会議所等
「民」:滋賀銀行、パナソニック㈱アプライアンス社
「学」:立命館大学、滋賀大学、京都橘大学、滋賀県立大学

組織形態

センター長:及川 清昭 (立命館大学教授)
副センター長:武田 史朗しろう (立命館大学教授)/ 田中 祥温よしはる (草津市総合政策部理事)

実務体制

常駐スタッフ:4 (週1日、立命館大学職員が駐在)
スタッフ担当:運営3、事務1

施設概要

〒525-0059
滋賀県草津市野路のじ 1丁目13-36
西友南草津店1階テナント(施設規模・220


▲UDCBK外観(新拠点イメージ)

お問い合わせ

〒525-0059
滋賀県草津市野路のじ 1丁目13-36
西友南草津店1階
TEL:077-562-3932

UDCイニシアチブ