UDC2

UDC2

柏アーバンデザインセンター

千葉県柏市中央部 柏駅周辺エリア

2015/4~
udc22021_1
udc22021_2
udc22021_3
活動エリアの状況と課題

 千葉県の北西部に位置する柏市中央部は、1973年の市街地再開発事業により複数の大型商業施設やペデストリアンデッキが整備され、17の商店街、小売店や飲食店等の個店が集積する広域商業拠点として形成されてきた。ストリートライブや飲食店の食べ歩きなど、数多くのイベントが行われ、近隣市に比べ、賑わいや知名度を誇っている。
 しかし、つくばエクスプレスの開業や郊外型大型店舗の出店等により、柏駅の乗降人員数、中心市街地の歩行者交通量や年間小売販売額も減少傾向にある。さらに、そごう柏店の閉店が発表されたことから、まちづくりに関わる多くの組織等が目的をもって連携し、柏駅周辺エリアの魅力や吸引力をもり立てる取り組みがさらに必要とされている。

設立経緯

 2014年8月、柏駅周辺の価値向上を目的に、公共、民間、学識で構成された「(仮称)柏駅周辺まちづくりセンター準備委員会」が設置され、様々なセンターを検討・議論した結果、「公・民・学」が連携するまちづくり拠点である任意団体「柏アーバンデザインセンター」を設立することとなった。同じく任意団体である「柏エリアマネジメント協議会」と融合し、2016年11月に「一般社団法人柏アーバンデザインセンター」として再編成をした。

センターの活動概要

1. アーバンデザイン事業
・柏セントラル駅まちビジョンの検討
・グランドデザイン実現に向けた建替えシミュレーションの実施
・ステークホルダー意見交換会の実施
・柏ストリートテラスの実施(コロナ道路占用許可)
・柏駅西口第一駐輪場改修におけるデザイン調整
・アーバンデザインカイギの実施
・UDC2レポートの作成
・UDC2レターの作成

2. アクションプログラム事業
・社会実験・実証実験の実施
・来街者促進イベント調整・情報発信
・まちなかアクションサポートの実施

今後の活動の展望・課題

 柏セントラルグランドデザインにおいて、街を牽引する代表的な開発等を「リーディングプロジェクト」と位置付けており、それらの実現化が最重要だが、グランドデザインができたからすぐに開発が動くわけはなく、できることから着手しているのが現状である。そのことについて、街の市民側の満足度は高い一方で、UDC2の会員の期待(グランドデザインができたのだから再開発が動くのでは?等)には応えられていないという温度差が生じている。

構成団体

「公」:柏市、(一財)柏市まちづくり公社
「民」:柏商工会議所、地元会員(地権者や大型店など)
「学」:東京大学、麗澤大学、芝浦工業大学

組織形態

代表理事:寺嶋 哲生(柏商工会議所名誉会頭)
センター長:出口 敦(東京大学教授) ※法人の理事も兼務

各構成団体の代表者で運営会議を構成し、運営の基本方針を決定。

実務体制

常駐スタッフ:3(都市計画・建築・市職員 1
非常勤スタッフ:2(東京理科大学・事務局長 各1)
受付・事務:1

施設概要

面積:195.46

道路用地上の市所有の建物を暫定利用。商店街に面している部分が事務所。
中庭を通って奥に会議室がある。市民が資料等を閲覧するスペースは無い。

UDC2外観
UDC2外観
UDC2内観
UDC2内観
お問い合わせ

〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-18
TEL: 04-7166-5000

UDCイニシアチブ