OCTC

OCTC

おおたクリエイティブタウンセンター

東京都大田区

2017/4~
octc2019_1-3
octc2019_2
octc2019_3
活動エリアの状況と課題

 良質な住宅地から羽田空港まで、大田区は、豊かで多様な地域資源と歴史文化を有しているが、産業構造や社会構造が大きく変化する中で、大田区の地域価値を育み、次世代に受け継いでゆくために、新たな創造的視点も加えた豊かさづくりが求められている。一方、大田区は、23区で最多の町工場数を抱え、世界にも負けない高度な技術を有するものの、工場数や従業員数は大きく減少している。また、大田区は、住宅地としても非常に評価が高く、豊かな生活環境を創りだすために「住工混在」を「住工共生」へと進めるべく、技術・生活・創造を総合的に考えた課題解決が必要とされている。

設立経緯

 2009年に一般社団法人大田観光協会と首都大学東京+東京大学(その後、横浜国立大学を加えて)により「モノづくり観光研究会」を設立し、地域資源としての「モノづくり」の力を高めるための活動を推進し、2012年には、こうしたモノづくりの価値に創造的なアイデアを加えて「暮らし」の中にも活かすことで、「地域自らが価値を育んでゆけるまち=クリエイティブタウン」を目指す必要があると考え、「大田クリティブタウン研究会」(大田観光協会× 首都大学東京・横浜国立大学ほか)に改称し、これまで、町工場一斉公開イベント「おおたオープンファクトリー」(2012年~)や、モノづくりのまちづくり拠点「くりらぼ多摩川」の設置(2014年~)など、モノづくりのまちづくり活動を育んできた。こうした活動を持続的、かつ、発展的に進めてゆくには、多くの主体が関わってクリエイティブタウンを目指す必要があるが、そのためには、「公×民×学」がそれぞれ活動しながら連携して豊かな「クリエイティブタウン」を生みだすためのプラットフォームが必要であることもあり、「一般社団法人 おおたクリエイティブタウンセンター」を設立するに至った。

センターの活動概要

 大田区が有する豊かな地域価値に気づき、育み、さらなる豊かな発展を図るために、「創造」・「技術」・「生活」という「3つの視点」をかけあわせて、「価値をはぐくむまち」の創出に向けたアクションを検討している。

5つのミッション
【構想】(Vision Making)/【計画】(Project Planning)/【実行】(Action)/【連携】(Management)/【発信】(Promotion)

6つの事業
1.おおたオープンファクトリー企画運営事業
2.くりらぼ多摩川企画運営事業
3.おおたクリエイティブネットワークの構築と展開
4.クリエイティブな地域リノベーションの推進(ストック活用)
5.モノづくりマッチング醸成事業
6.「モノづくりのまちづくり」の展開

今後の活動の展望・課題

現在は、上記事業のうち、1、2、5を中心に展開しているが、今後、3、4、6の展開を目指した活動を予定している。

構成団体

法人に参加する個人の所属

「公」:(一社)大田観光協会(大田区【観光課・産業振興課】の支援あり)
「民」:工和会協同組合(矢口下丸子エリアを中心とした工業系組合)
「学」:首都大学東京 / 横浜国立大学

組織形態

センター長・代表理事:野原 たく (横浜国立大学准教授)

実務体制

理事・監事計:
事務局:2

施設概要

くりらぼ多摩川(クリエイティブタウンラボ多摩川:大田区矢口、一般社団法人大田観光協会より運営委託、事務所スペース・活動スペース)
もしくは大田区産業プラザ(Pio)+大田観光協会、時に工和会館(工和会協同組合所有)も利用することがある

くりらぼ多摩川
くりらぼ多摩川
くりらぼ多摩川
くりらぼ多摩川
お問い合わせ

UDCイニシアチブ