公・民・学の連携によるまちづくり:アーバンデザインセンター(UDC)とは

UDCは、アーバンデザインセンター(Urban Design Center)の略称で、2006年11月の柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)創設時に構想された、課題解決型=未来創造型まちづくりのための公・民・学連携のプラットフォームです。

一般社団法人UDCイニシアチブでは、UDCの考え方を普及し、ノウハウの共有を推進していくために『アーバンデザインセンター(UDC)ネットワーク』を構築しており、UDCを拠点とした各地のまちづくりを支援していきます。

全国のUDC

UDCは、行政都市計画や市民まちづくりの枠組みを超え、地域に係る各主体が連携し、都市デザインの専門家が客観的立場から携わる新たな形のまちづくり組織や拠点として、2018年3月現在までに、全国16拠点に展開しています。

UDCイニシアチブ